死亡届 手続き方法、葬祭扶助申請 - 大阪市西成区の「ソウユウシャ」

死亡届の手続き、葬祭扶助申請方法のご説明

葬祭扶助が認められるケース

大阪市葬祭扶助は大阪市に住民登録されておられる方ならどなたでも申請は行えますが、役所担当者より「面談・審査」が御座います。ご遺族がおられる場合は、葬儀をおこなうご遺族様の資産状況に対しての審査が御座います。葬儀費用の支払いができないと認められなければ、故人が生活保護受給者であっても、葬祭扶助を利用したお葬式は出来ません。

・葬儀をおこなう遺族、親族がだれもいない場合
・ご夫婦で保護受給されていて、配偶者が亡くなった場合
・生活保護受給者がお葬式をおこなう場合

お葬式をおこなう方(遺族・親族)がおられる場合は、葬祭扶助が認められない場合が多く御座いますのでご注意下さい。

葬祭扶助での葬儀申請

大阪市葬祭扶助は大阪市に住民登録されておられる方が前提となりますのでご注意下さい。申請者様の住所地の役所への申請となりますのでご注意下さい。

葬祭扶助でのお葬式をご希望される場合は原則、事後申請は出来ませんので、お葬式をおこなう前に役所の生活支援課に葬儀申請をおこなわなければなりません。

役所 休館日には申請が出来ません

役所の休館日にあたる土曜日、日曜日、祝日には申請が出来ません。また年末年始、ゴールデンウィークなどの長期休館日にも申請を行うことが出来ません。

葬儀後の申請が認められていませんので、役所への申請が出来ない場合はお待ち頂くこととなります。年末年始など役所の担当者様の判断で、申請前にお葬式をとりおこなう場合が御座いますので、生活支援課の担当者様の判断となりますのでお尋ね下さい。

必要なもの

下記のものをご用意いただきますようお願い致します。なお申請日に担当スタッフが同行致しますのでご安心下さい。

・申請者の銀行等の通帳(記帳済みのもの)
・認印(三文判)ゴム印、シャチハタは不可
・死亡診断書コピー

申請時に必要な死亡診断書のコピーは弊社でご用意致します。

対応 葬祭プラン

福祉葬儀

大阪市での福祉葬儀
・当社なら当家負担0円で対応

・大阪市営の葬祭式場でのお葬式
・無料で故人様をお預かり安置
・他社にはできない高品質な内容